診療時間

スタッフブログ

夕暮れ時の運転には気を付けましょう。

夕暮れ時の運転には気を付けましょう。

こんにちは、ふたば接骨院・鍼灸院です!

 

最近は、徐々に日が落ちるのが早くなり夕方になると薄暗くなって歩行者やまだライトを付けていない自転車が発見しにくくなり、交通事故を起こしやすくなってしまいます。

 

10月から12月にかけては自動車と歩行者の事故が一番多発する時期になります。また、時間帯としては、17時から19時にかけての夕暮れ時に多発する傾向にあります。

夕暮れ時は帰宅ラッシュなどで歩行者がまだ多く出歩く時間ですが、冬が近づくにつれて日照時間が減り日が落ちるのが早くなることで、17時から19時の時間帯はもう暗くなり始めています。

歩行者と交通事故を行ないように心がけることももちろんですが、夕方に出歩く事がある方は、車に十分に気を付けましょう。

 

歩行者側が出来る交通事故対策としては、

・なるべく横断歩道を横断する。

・横断歩道を渡る際にも左右をしっかり確認し、自動車が来ていないか、自動車が来ていても自動車が停車したことをしっかり確認したうえで横断する。

・横断歩道を渡る際に特に左からの車は歩行者に気が付きにくいため、特に左からの車にを付けて横断する。

・明るい服を身に着ける。

・反射材用品・ライトを点灯する。

 

などの事をこころがけながら、交通事故に遭わないように気を付けましょう。

 

 

ドライバーが出来る交通事故対策としては

・横断歩道の手前の路面にあるひし形の「ダイヤマーク」が見えたら運転の速度を落として、横断歩道に歩行者がいないことをしっかり確認したうえで運転する。

・早めにライトを点灯させる。

・暗くなると歩行者・自転車の発見が遅れるため、昼間よりも速度を落として運転をする。

・対向車が少ない時やいないときはライトをハイビームに切り替える。

 

などのことを心がけながら交通事故を起こさないように気を付けながら運転をしましょう。

また、夕暮れ時でなくても夜になると交通量が少なくなり、スピードを早く出してしまいがちですが、横断歩道でない場所で急に人が飛び出してくる可能性も考えられるため、交通量が少ないからと言ってスピードを上げるのではなく、周りを見えにくくなるため、しっかりとスピードを落として周りに気を付けながら運転をしましょう。

 

交通事故に遭わないことが一番ですが、万が一交通事故に遭ってしまったり、周りの大切な方が交通事故に遭ってしまった場合、豊橋市のふたば接骨院・鍼灸院では交通事故について専門的な知識を持ったスタッフが交通事故後の対応やアドバイス、また交通事故で出たお身体の痛みを治していくようにしっかりと治療をさせていただきます!

 

もし交通事故のことでお困りの際は、一度豊橋市のふたば接骨院・鍼灸院へご相談下さい!
全力でサポートさせていただきます!!

 

ふたば接骨院・鍼灸院について詳しくはコチラ

 

ふたば接骨院交通事故専門ページについて詳しくはコチラ

 

 

お問い合わせ

TEL

住所
〒441-8107
豊橋市南栄町字空池8-104
駐車場
14台完備

診療時間