診療時間

人身事故×物損事故

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 人身事故と物損事故の注意点が知りたい
  • 警察や保険会社とのやり取りは大変?
  • 自動車運転免許にどう響くの?
  • メリットとデメリットについて知りたい
  • リハビリはどうしたらいい?

人身事故を物損事故にしてほしいと言われたら|ふたば接骨院

交通事故の被害にあったとき、加害者から「物損事故にしてほしい」とお願いされることがあります。事故が軽微であれば、ついつい承諾してしまうかもしれません。

しかし、安易に物損事故にしてはいけません。物損事故の被害者は十分な賠償を受けられなかったり、事故状況の証明が困難になったりと大きなリスクを背負ってしまいます。

また、物損事故として処理すれば刑事罰を受けずにすむほか、違反点数が低くなります。加害者は自分にメリットがあるから物損事故をお願いするわけで、被害者の体や気持ちを考えているわけではないのです。

人身事故と物損事故の違いを知っておきましょう。

物損事故は、物だけが壊れて人がケガをしていない事故です。対して人身事故は、軽度なケガから死亡にいたるケガまで、搭乗している人に損害が発生する事故です。

いずれにせよ、痛みが出るくらい体にダメージがあれば、早めに整形外科などに受診することが大切です。

物損事故にするデメリット|ふたば接骨院

物損事故は、人身事故に比べて手続きや証明する手間が省けるといった特徴があります。しかし、十分な賠償が受けられないなどのデメリットが生じるため注意が必要です。

十分な賠償が受けられない

もしも加害者が「物損事故として処理してくれたら、損害を100%賠償する」と申し出てきても、その場限りの口約束かもしれません。

考えたくないことですが、後になって前言を撤回して、治療費などの人身損害の賠償を拒否する人が存在するのは事実です。

しかも、物損事故として処理すると、保険会社は物損事故の範囲しか保証してくれません。体にダメージを負って治療費が必要でも、保険会社は損害金を1円も出してくれないのです。

そうすると、被害者が得られる賠償金はせいぜい自動車の修理代程度です。被害者なのに治療費を自腹で支払うことになります。

物損事故については自賠責保険が適用されませんので、加害者が任意保険に加入していなければ、賠償自体を全く受けられない可能性もでてきます。

実況見分調書がないと過失割合を主張できない

治療が必要になったり、賠償金に納得がいかなかったりと後から人身事故に変更したいと思うケースもあるでしょう。もしも、人身事故として扱うことができても、賠償額を決めるために「過失割合」が重要な争点となります。

過失割合とは、交通事故が発生した際に当事者双方の落ち度を数字に表したものです。被害者のケースでは、過失が多ければ多いほど保険会社からの賠償金が減少します。

しかし、物損事故として処理した場合には、詳細な実況見分調書が作成されず簡易な報告書で済まされることが多いのです。

人身事故は、人命の賠償が争点にもなるため、賠償金高額になります。そのため実況見分調書は詳細にならざるを得ません。

実況見分調書がないために物損事故として処理しても、後から過失割合を証明するのは困難です。人身事故として処理すればもらえる賠償金がもらえないばかりか、争いが長引き精神的に疲弊する結果にもつながりかねません。

 人身事故は賠償金額が高くなる

治療費および通院にかかる交通費、休業保障や逸失利益、後遺障害慰謝料など加害者に請求できる金額が物損事故よりも高額になります。

また治療にかかる費用について、十分な金額を受け取れるため安心して治療を受けられるのも大切なポイントです。入院費や治療費など病院にかかる代金は安くないため、納得できる金額を選びたいところです。

交通事故にあったとき、ほとんどの人はショックで冷静な判断が難しくなります。そのため、相手のペースに乗せられて不利益を被る方が後を絶ちません。もしも交通事故にあい加害者から何か言われても、警察が来るまで相手にしないのが賢明でしょう。もしくは家族に連絡をして指示を仰ぐのも間違いありません。

ご相談から治療まで。当院へ一度ご相談にいらしてください|ふたば接骨院

交通事故を人身事故にするか物損事故にするかについては、あなたを含む搭乗者のケガの程度、生活環境や免許保有点数などを熟考して最適な判断をくだすべきです。

もしも自分で判断がつかなくて、周りに相談できる方がいなければ当院に遠慮なくご相談ください。ケガに関する相談はもちろんのこと、保険の相談やお金の問題についても可能な限り相談にのらせていただきます。

執筆者:
皿井 宏樹

初めまして柔道整復師の皿井です。
痛みや不調で悩んでいる方々の身体的・精神的な不調を取り除き理想の生活が送れるようにしっかりと診させていただきますのでよろしくお願い致します。

お問い合わせ

TEL

住所
〒441-8107
豊橋市南栄町字空池8-104
駐車場
14台完備

診療時間