診療時間

交通事故治療は併院可能

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院や整形外科に通っているがよくならない
  • 併院したいが保険会社によくない顔をされた
  • 相談相手がいない
  • 併院のやり方を教えてほしい
  • 後遺症を残したくない

病院と整骨院の併院は可能|ふたば接骨院

当院は、むち打ち治療協会の認定を受けた治療院です。交通事故で多くの方が悩む「むち打ち症」について、多くの患者様をみてきた実績があります。もちろん、むち打ち症だけでなく交通事故全般に対応しており、患者様ひとりひとりにあわせた治療が可能です。

しかし、当院へお越しになる患者様の中には、「整骨院と病院を併院しないよう言われた」「保険会社に併院したいと伝えたら、嫌な顔をされた」という方が少なくありません。ですが、整形外科と病院の併院は問題ないのです。たとえば、「整形外科で診察を受けて、整骨院でリハビリする」といったように、メリットを感じるやり方を患者様ご自身で選択できるというわけです。

自賠責保険を利用すれば、基本的にお金の心配も必要ありません。ご負担なく当院で専門治療を受けられます。

整骨院への併院はルール違反ではありません|ふたば接骨院

整形外科と整骨院への併院は認められています。しかし保険会社や医療機関から、併院をおすすめされないケースも少なくありません。当院では、整骨院の認知度が高くないから併院利用が進まないのではと考えています。悪いイメージが先行しているようにも感じます。たとえば、「保険会社への対応が雑である」「長期間に整骨院に通わせようとしている」などです。

過去には不正請求の事例もあるため、そういったイメージが先行するのも致し方ないかもしれません。

しかし、現在は企業コンプライアンスを守る整骨院も増えており、患者様第一で経営する整骨院も数多くあることは知っていいただきたいと思います。

交通事故にあったらまず検査!診断書を作成してもらいましょう|ふたば接骨院

交通事故にあったら、目立つ外傷や痛みがなくても必ず整形外科などの病院に通ってください。保険請求に欠かせない診断書を作成してもらうほかに、医師による専門的な問診や検査を受けられます。

交通事故後のケガには、時間が経ってから突然悪化する症状も少なくありません。

事故直後に外傷や痛み、めまいなどの自覚症状がなくても、数日たってから体が痛むといった症状が出るのです。そのため、できれば1週間以内に病院に通院するのが望ましいといえます。事故後に間を空けすぎてしまうと、事故との因果関係が認められず診断書を受け取れない可能性もあります。交通事故のあとは、できるだけ時間をつくり病院へ通うようにしましょう。

併院の方法について、ぜひ当院へご相談ください。|ふたば接骨院

交通事故の治療について、定期的な検査が困難であったり治療しても状態がよくならなかったりする場合があります。そのため、整骨院と病院の両メリットを受けて治療を進められる併院利用がおすすめです。適切な治療を体に負担なく受けられるほか、治癒までにかかる期間を短くすることも不可能ではありません。

保険会社が考える治療期間について、「打撲は1ヶ月」「むち打ち3ヶ月」「骨折6か月」という法則があります。打撲と診断された方のケースをみてみましょう。治療を開始して、1カ月ほどたつ頃、保険会社から「そろそろいかがですか?」といわれました。1カ月たったので症状は治ったのではないか?という意味ともとれます。

このように伝えられた患者様によっては、「まだ調子が悪いのに何て言い方…」と不安を感じたり怒りを感じたりする方がいらっしゃるかもしれません。

本質的には、症状固定日まで治療を受けられます。症状固定とは、「一般的な治療法でこれ以上の改善が見られない状態」になります。

もしも併院をお考えであれば保険会社の方に、「整骨院にリハビリのために通院する」とはっきりお伝えください。併院は、ルール違反でも法律違反でもありません。大切な体のためにご自分の意思を優先させてください。

整形外科と整骨院、それぞれのメリット

交通事故後に整骨院に通うメリットは、通いやすい点です。
医療機関には多くの患者様が集まるため、次の受診までに1週間以上空いたり、平日の昼間しか診療していなかったり、治療の期間が空いてしまいます。

一方整骨院は、施術者と患者様の1対1の治療です。一人30分から90分ほど患者様のために時間を空けているため、患者様の通いたい時間に通院可能です。

もう1つは、人間の持つ治癒能力をいかした治療を受けられる点です。

体のさまざまな不調はほとんどの場合内部に問題がありますが、医療機関による対症療法ではなかなかカバーできません。

たとえば、骨格のゆがみが神経症状に悪影響を及ぼしますが、こちらは薬では根本治癒が難しいです。そのため柔道整復師の施術により体の内部からゆがみを修正し、不調の解決と再発防止を行います。筋肉や神経と言ったレントゲンなどの画像診断に写りにくい部位に対する施術を得意としています。

医療機関のメリットをみていきましょう。

大きなメリットは、医師による診断書を作成してもらえる点でしょう。

治療が終了しても痛みや障がいが残った方にたいして、「後遺障害認定」という制度がありますが、こちらは医師が作成した「後遺障害診断書」が必要になります。

また、交通事故のケガに多い打撲や骨折といった診断も、保険金を受け取る際に欠かせない情報です。

ただし継続的に通院していないと作成を拒否されたりして、診断書の確保が困難になるケースも少なくないため、その点注意が必要です。また、交通事故から1週間以上たつと事故との関連性を疑われて必要な診断書がもらえない可能性が高まるほか、「人身事故」の扱いに変更できなくなります。物損事故では、治療にかかる費用を十分にまかなえないため、通院の際は診断書を受け取りましょう。

治療面では、レントゲンやMRIなどの画像検査を受けられるのがメリットです。

レントゲンやMRIは見た目ではわからない異常や、目には見えない微細な損傷も確認できる装置になります。外科的手術に欠かせないほか、これまで原因がわからなかった不調を客観的に確認できるでしょう。

ほかにも、「痛み止めや湿布薬などの投薬治療」「外科医による手術」「医師の指導の下、運動療法を軸としたリハビリ」といった西洋医学による高度な対症療法を受けられるのが医療機関のメリットになります。

当院は保険会社様との対応もお手伝いします

患者様の治療はもちろん、負担になりがちな保険会社とのやり取りもサポートいたします。当院は交通事故について詳しい専門家が揃っています。

治療面と精神的なサポートの両方で患者様のお役にたちますので、安心してご連絡ください。

併院に関する具体的な相談にも対応いたします。保険会社や医療機関とのやりとりの方法や、保険に関する相談、治療方針についても患者様目線でアドバイスいたしますので、「効率的に体を治していきたい」という方こそ、ぜひ当院へ一度お越しください。

執筆者:
皿井 宏樹

初めまして柔道整復師の皿井です。
痛みや不調で悩んでいる方々の身体的・精神的な不調を取り除き理想の生活が送れるようにしっかりと診させていただきますのでよろしくお願い致します。

お問い合わせ

TEL

住所
〒441-8107
豊橋市南栄町字空池8-104
駐車場
14台完備

診療時間