診療時間

交通事故の慰謝料

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故の慰謝料の相場を知りたい
  • 後遺症が残ったら慰謝料は増えるの?
  • 慰謝料の計算方法って?
  • とにかく安心して体を治したい
  • 交通事故の後遺症で働きたくても働けない

交通事故で慰謝料をもらう目的って?|ふたば接骨院

交通事故で負ったケガは、基本的に保険会社から支払われる保険金によってまかないます。しかし、保険金が支払われる期間はおおよそ3から6カ月と定められており、期間を超えると保険金は支払われません。そのため、後遺症が残り治療が長引いてしまったケースでは保険金でまかなえず自腹になってしまいます。

慰謝料をもらっていれば、保険金がなくなった場合に対応できます。また後遺症によって以前のように働けなかったり収入が途絶えてしまったりしても、保険金からまかなうことも可能です。

交通事故によって大きく生活環境が変わるケースが多いため、保険金は受け取っておきましょう。

入院慰謝料の3つの基準|ふたば接骨院

慰謝料の計算式は、「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」の3パターンあります。

金額が高くなるのは「弁護士基準」ですが、個人で保険会社とやりとりするのは困難です。行政書士もしくは弁護士に依頼しましょう。依頼しても金銭的負担はほぼ発生しないほか、自動車保険の「弁護士費用特約」使っても保険の等級は下がりません。

自賠責基準で慰謝料を 計算してみましょう。

計算式は2つあり、金額の少ない方が採用されます。

①4300円×治療期間(病院に通っていた期間)

②4300円×実通院日数(実際に通院した日数)×2

続いて「任意保険基準」ですが、保険会社によって計算方法が異なり、金額にもバラツキがあります。自賠責基準より高額になる傾向ですが、こちらは保険会社に直接確認しましょう。ほとんどの保険会社は、被害者とのこれ以上のトラブルをさけるため、問い合わせにも親切に対応してくれます。

最後は「弁護士基準」です。弁護士基準では医学的に負傷が認められる症状によって金額が異なります。たとえば、骨折や切断といった目にみえる状態です。しかしむち打ち症や打撲のように病院で発見しにくい症状に対して認められないケースが少なくありません。

保険会社との直接のやり取りは、時間も労力もかかります。

安心して過ごせないと、体の治癒にもよくありません。専門家である弁護士に後はお願いして、治療に専念しましょう。

当院は弁護士と連携しています。|ふたば接骨院

当院では交通事故によるケガや後遺症への施術はもちろんのこと、弁護士の紹介も行っています。万が一患者様が弁護士費用特約に加入していなくても、金銭的な負担をできるだけ減らしながらの通院が可能です。

当院では慰謝料の相談から施術まで幅広くサポートいたします。交通事故後の患者様に寄り添い、最後まで精一杯サポートいたしますので一度ご相談にいらしてください。

執筆者:
皿井 宏樹

初めまして柔道整復師の皿井です。
痛みや不調で悩んでいる方々の身体的・精神的な不調を取り除き理想の生活が送れるようにしっかりと診させていただきますのでよろしくお願い致します。

お問い合わせ

TEL

住所
〒441-8107
豊橋市南栄町字空池8-104
駐車場
14台完備

診療時間