診療時間

腰の痛み・腰部捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰と背中が重たい
  • 湿布と痛み止めを使っているが、良くならない
  • 後遺症がこわい
  • 交通事故のケガや手続きについて教えてほしい
  • 治療費がもったいなくて痛みを我慢している

病院の検査で機能不全は発見しにくい|ふたば接骨院

腰痛の原因の85%は、筋肉や関節、神経の機能不全といわれています。筋肉や骨の損傷といった器質的な問題の場合、病院のレントゲンやMRI検査により発見されます。しかしレントゲンやMRI検査では、筋肉や関節、神経が正常に働いているかを判断するのは困難です。

交通事故の後、腰が痛む、腰が重いなどでお困りの方の中には病院で原因不明と診断された方も少なくありません。

交通事故で多い4種類の腰痛とは|ふたば接骨院

交通事故で多い腰痛は次の4種類です。

①腰部捻挫 ②筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症) ③仙腸関節炎 ④複合タイプ

順番にみていきましょう。

 ①腰部捻挫(ようぶねんざ)

ぎっくり腰という呼び名がポピュラーな腰部捻挫は、腰の関節にある靭帯や筋肉が傷つくことで痛みが発生します。交通事故の衝撃で、腰の関節に強い力が加わり、腰部や腰椎を捻挫してしまうのです。これが首に起こると、むち打ち症となります。

②筋・筋膜性腰痛(筋性腰痛症)

腰には、腰方形筋、大腰筋、脊柱起立筋といった大きな筋肉が集中しています。
交通事故の衝撃により、これらの筋肉に過剰な負荷が加わると、腰の筋肉と筋膜が過剰に収縮してしまい、痛みが発生します。
以上の症状を筋・筋膜性腰痛または筋性腰痛症と呼びます。

③仙腸関節炎(せんちょうかんせつえん)

仙腸関節炎は、骨盤の後ろにある仙腸関節に炎症が起きて痛みが出る腰痛です。
仙腸関節とは、骨盤を構成している仙骨と腸骨にある関節となり、靭帯や関節包、骨盤筋によって支えられています。交通事故の衝撃により、仙腸関節や靭帯、関節包や骨盤筋に過剰な負荷が加わることで、仙腸関節炎に繋がります。

④複合タイプ

これまで紹介した3種類のタイプが組み合わさった腰痛が、複合タイプです。
複合タイプの場合、痛みや違和感のある個所を間違えると後遺障害に繋がるリスクがあります。
そのため痛みや違和感のある箇所を特定して、緊急性の高い箇所から治療していかなければいけません。

当院の腰の痛み・腰部捻挫の治療法とは|ふたば接骨院

当院には、腰の痛みに悩む方が多く訪れています。
理由は、当院が患者様ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行っており、後遺障害を防ぐことはもちろん、早期治療を心がけているからだと思います。スピーディーに仕事復帰したいという方こそ、ぜひ当院へご相談ください。

また当院を利用していただければ、筋肉や骨格、神経や姿勢のバランスを調整し、痛みが再発しにくい体づくりをサポートいたします。
柔軟性の低下を予防したり骨盤のズレを調整したり、筋肉をほぐすマッサージもお任せください。

執筆者:
皿井 宏樹

初めまして柔道整復師の皿井です。
痛みや不調で悩んでいる方々の身体的・精神的な不調を取り除き理想の生活が送れるようにしっかりと診させていただきますのでよろしくお願い致します。

お問い合わせ

TEL

住所
〒441-8107
豊橋市南栄町字空池8-104
駐車場
14台完備

診療時間